« 夏の終わりに | トップページ | 福島県民の日 »

おかえりなさい

甲子園で見事ベスト8に名を連ねた聖光学院が福島に帰ってきました。
ニュースで見た限りでは、みんな清々しい笑顔でバスから降りてきました。

準々決勝で甲子園を去らねばならなかったことは本当に悔しかったと思います。
けれど、得たものや喜びも多くあったことでしょう。この経験を糧に次のステップへ
進んでほしいと思います。次は国体!休んでる暇はないようですね。ガンバレ!!

高校球児の笑顔や涙は、本当に清々しいですね。
高校野球にはドラマがあります。ノンフィクションの。
だから大好きなんです(笑)

彼らには、その清々しさとひたむきさを、大人になっても忘れずにいてほしいと
願わずにはいられません。彼らのような大人がたくさんいれば、日本の未来も
捨てたもんじゃないと思いませんか?

疲れ切った大人代表として(笑)、彼らのような若者がこれからの社会で活躍し、
私たちを助けてくれることを切に願います!

« 夏の終わりに | トップページ | 福島県民の日 »

熱闘甲子園」カテゴリの記事