« 9ヵ月 | トップページ | 10回目の、14時46分 »

2011年を抱えて

季節の移ろいも感じられないまま、過ぎてしまった2011年。
気がつけば、2012年の元日もまもなく終わろうとしています。

毎年大晦日には、その年に「さよなら」を伝えて新しい年を
迎えていたのですが、2011年にはさよならをしませんでした。

2011年はあまりにも悲しみが多すぎて。悔しさが大きくて。
どうしようもないから。心のもやもやは晴れないから。

どんなに楽しいときでも、震災や原発事故が離れることは
片時もなくて。どうしたって心からは笑えないから。

だから、悲しさも、苦しさも、悔しさも、全部大切に抱えて
2012年も生きていこういこうと、そう決めました。

去年の冬はとても雪が多くて大変でした。豪雪に悩まされた
冬がやっと終わったと安心した3月、あの震災が起きました。
すべてが変わってしまったあの日。あの日から今日で297日。

いっぱい泣いて、怒って、ときに笑って。
みんな一生懸命生きてきました。

悲しかった。苦しかった。悔しかった。

その2011年は過ぎ去ってしまったけれど、悲しさ、苦しさ、
悔しさは、2012年も続いていきます。

それでも、今年は少しでも笑える回数が増えればいいなと
思います。災害のない、心穏やかな年になりますように。

ただただ祈りながら、一日一日を生きていきます。

まだ震災中のふるさと福島で。

2012年も2011.3.11とともに。

« 9ヵ月 | トップページ | 10回目の、14時46分 »

ふくしま」カテゴリの記事

東日本大震災」カテゴリの記事