ふくしま

2011年を抱えて

季節の移ろいも感じられないまま、過ぎてしまった2011年。
気がつけば、2012年の元日もまもなく終わろうとしています。

毎年大晦日には、その年に「さよなら」を伝えて新しい年を
迎えていたのですが、2011年にはさよならをしませんでした。

2011年はあまりにも悲しみが多すぎて。悔しさが大きくて。
どうしようもないから。心のもやもやは晴れないから。

どんなに楽しいときでも、震災や原発事故が離れることは
片時もなくて。どうしたって心からは笑えないから。

だから、悲しさも、苦しさも、悔しさも、全部大切に抱えて
2012年も生きていこういこうと、そう決めました。

去年の冬はとても雪が多くて大変でした。豪雪に悩まされた
冬がやっと終わったと安心した3月、あの震災が起きました。
すべてが変わってしまったあの日。あの日から今日で297日。

いっぱい泣いて、怒って、ときに笑って。
みんな一生懸命生きてきました。

悲しかった。苦しかった。悔しかった。

その2011年は過ぎ去ってしまったけれど、悲しさ、苦しさ、
悔しさは、2012年も続いていきます。

それでも、今年は少しでも笑える回数が増えればいいなと
思います。災害のない、心穏やかな年になりますように。

ただただ祈りながら、一日一日を生きていきます。

まだ震災中のふるさと福島で。

2012年も2011.3.11とともに。

季節に取り残されて

震災から7ヵ月が過ぎ、気がつけば10月も後半。

今年は季節を感じるゆとりもなく、ただ時間だけが過ぎて、
季節に取り残されたまま過ぎた、今日までの日々。

春の桜も、夏の湖も、楽しむことなく過ぎてしまいました。

心にゆとりが生まれたとは言えませんが、このまま季節を
感じることなく冬を迎えてしまうのは、ちょっともったいない
ような気がして。

せめて、秋の紅葉だけは見に行こうか。

と、思い始めたところです。

Photo

写真は以前のものですが、山は日ごとに秋色を増しています。

猪苗代湖ズ

ミヤネ屋やZEROなどで取り上げられ、一時話題になった曲。

福島県出身のアーティスト

・THE BACK HORN 松田晋二 (東白川郡塙町)
・サンボマスター 山口隆 (会津若松市)
・TOKYO No.1 SOUL SET 渡辺俊美 (双葉郡富岡町)
・風とロック 箭内道彦 (郡山市)

で結成された“猪苗代湖ズ”による

「I love you & I need you ふくしま」

がCD化。\420。

Pa0_0007_2 

全国のタワーレコード限定で発売中です。
福島県内のみTSUTAYAでも販売。

売り上げ金は全額福島県に寄付されます。

福島県内では各地で売り切れ続出のようで、
私もつい先日やっと購入できました。

このCDを買うことで少しでもふるさとの
復興のために役立てるのなら…。

そんな思いで購入する人が多いのだと思います。

猪苗代湖ズという名前は、福島県のほぼ中央に位置する
猪苗代湖に由来するもの。猪苗代湖は福島県のシンボルの
ひとつでもあります。

『ひとつになろう、福島』

そんな意味が込められている名前です。

桜とお城と

4月末、鶴ヶ城の桜を見にいってきました。

散り始めた桜もキレイなものでした。

Img_2262

Img_2247

戊辰当時と同じ赤瓦に生まれ変わった鶴ヶ城。

ぜひ観光にお越しください。

キレイな桜を愛でる一方で、見えた現実。

Img_2254

3月11日の本震ではなく、度重ねる余震で崩れた城壁の一部。

改めて、この震災がもたらしたものの大きさを感じました。

苦しめないで

Twitterで浜通りの避難民に対するバッシングを見ました。
内容はとても酷なものでした。

「浜通りの人間は最低だ」

「浜通りには義援金は必要ない」

「福島県とはもう二度と関わりたくない」

最初は浜通りに対するバッシングでしたが、最終的には
福島県に対するバッシングになっていました。

バッシングの理由は、浜通りの避難民の横柄な態度との
ことでした。いち県民として、とても耳の痛い話でした。

確かに数のなかです。横柄な態度を取る人もいるでしょう。
そんな人に遭遇し、嫌な思いをされた方にはとても申し訳ない。
それが県外からわざわざボランティアにきてくださった方なら
なおさら申し訳ないです。

同じ県民としてお詫び申し上げます。
本当に申し訳ありません。

ただ、それはあくまで一部の人です。浜通りの人すべてが
そうではありません。少なくとも、私の浜通りの友人知人は
とても良い人ばかりです。

DASH村の人々を見てください。DASH村がある浪江町も
浜通りですが、あの村の人々が横柄な人に見えますか?

世の中にはいろんな人がいます。
でも、それがすべてではありません。

それだけはご理解いただきたいと思います。

そしてお願いです。

不快な思いをされた方には申し訳なく思うのですが、
Twitterなどで悪口を発信するのはやめてください。
さらなる偏見や差別、誤解を生むことにつながります。

そうなると、被害者であるその方は立場が一転して
加害者になってしまいます。双方にとって良いことは
なにひとつありません。

不快な思いをして訴えたい場合は、ネット上ではなく
その自治体もしくは福島県までご意見をお寄せください。

被災者だからといって何をしても許される訳ではないように、
不快な思いをしたからといって何をしても許される訳では
ありません。

人として最低限のルールは守っていきたいものです。
こんな混乱したときだからこそ、なおさらです。

バッシングされた理由は事実なので真摯に受け止めます。
こちらとしても態度を改めるよう努めていきたいと思います。

なので、どうかこれ以上、福島県を苦しめないでやってください。

福島県DASH村

今日の「鉄腕DASH」の放送で、DASH村の所在地が
公式に発表されました。

TOKIOのメンバーひとりひとりのDASH村への想いが
聞けて良かったというか、ほっとしました。

これまでは混乱を避けるため、DASH村の所在地は
公表されませんでしたが、地元の人たちはみんな
知っていました。だからこそ、TOKIOと同様にみんな
村へ並々ならぬ愛着と思い入れがあります。

DASH村がある所は、福島県の浜通りにある浪江町。

横に長い浪江町は海に面している地域もあり、請戸と
いう地域は津波にのまれ、多くの犠牲者を出しました。

DASH村がある場所はその海からは逆方向の内陸部
ですが、公表されているように放射能の数値が高く、
原発の避難区域に指定されています。

TOKIOも番組で言っていたように、DASH村がいつ再開
できるのか分からないくらい、現状は厳しいものです。
それでも、いつか・・・どんなに時間がかかってもいつか
絶対に再開してほしい。

それが私の、私たち県民の切なる願いです。

DASH村の復興が福島県の復興のシンボルのひとつに
なってほしいと思うからです。

村の復興=福島県の復興にはならないかも知れませんが、
大きな希望となることは確かです。

「DASHの文字を地図に載せよう」という企画から始まった
DASH村。もはやその最初の目的はどこかへ行ってしまった
ようですが、その代わりに大きな目標ができました。

そして10年の歳月を経て確実に、DASH村の名は福島県の
土地に刻まれました。

いつかまたみんなの笑顔がDASH村で見れる日が来ることを
祈っています。その日が来ることを信じて、待っています。

それでも花は咲く

今日は桜が見頃を迎えた福島市の花見山公園へ
お花見に行ってきました。

去年は体調不良のためお花見の時期を逃したので、
2年振りの花見山です。

例年30万人以上の観光客が訪れる県内屈指の
桜の名所ですが、今年は震災の影響で人出が
だいぶ減ってしまいました。

それでも訪れる人は絶えなくて、今日は日曜日という
こともあって花見山周辺は結構なにぎわいでした。

何度見ても毎回新鮮な驚きと喜びがある花見山。
花々は今年も美しく咲き誇り、訪れる人々の心を
癒してくれていました。

震災からひと月以上経ってもなお、こちらではあの
記憶が薄れることはありません。みんなそれぞれに
傷を負ったままです。

それでも、春はやって来ました。

桜は再生の象徴と言われています。

その桜の花が被災地で凛と咲き誇っています。
その姿にこれからの希望を重ねて見ていました。

こんなときだからこそ、お花見をして心に栄養を
補給しましょう。

これから長期戦になるのだから。

Img_2229

Img_2234

福島県っていいな

今日のローカル番組「ゴジてれchu」で読み上げられたFAX。

「今回の震災でとくに被害の大きかった浜通りを、

会津・中通りが一丸となって支えます!」

中通りも相当な被害を受けました。

会津も県内では軽傷ですが、被災地です。

それでももっと大変な浜通りを助けよう!

そんなふうに思える県民性が誇らしくあります。

改めて、

福島県っていいな

と、思いました。

地震、津波、原発、風評被害で苦しい福島県。

今は白い目で見られることも多いけれど、

いつか、

福島県っていいな

と、他県の人、世界中の人に思ってもらえるように、

復興へ向けて進んでいきたいと思います。

私にできることは少ないけれど、いち県民として、

精いっぱい生きて、故郷の役に立ちたいです。

ひなまつり

今日は3月3日ひなまつり。

ということで、ひな壇を模した和菓子をいただきました。

Pa0_0003_2

毎年買ってるお菓子です(笑)美味しいんですよ~(^^)

我が家のおひなさまは7段飾りなので出し入れが大変

でも飾るととってもキレイです♪

おひなさまを買ってくれた、今は亡き祖父に感謝

弥生3月

今日から3月ですね。

弥生3月といえば春!なんですが、こちらはずいぶんと寒い

3月のスタートとなりました。ホント寒い・・・冬に逆戻りです

この休みに久々にケーキなんぞ焼いてみました。

Pa0_0004

母や友人からも好評なチョコレートケーキ。

実はお菓子作り大好きなんです。唯一の特技といっても

過言ではない・・・はず(笑)

初めてお菓子作りしたのは、たぶん幼稚園くらい。

中学・高校生の頃はよく作っていたものです。

しばらくはたま~にしかやってませんでしたが、

またやり始めようかなって思ってます。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー